Topics

STARGATES学長-佐藤社長の想いを、

定期的に発信していきます。

 

 

【第一回】弱きを助け、未来を育む

 

 

日本人よ目を覚ませ

教育、医療介護、福祉、

日本の社会課題でもある領域だ。

そしてそこに携わる人間には、

情熱とスキルと責任感が要求され

あらゆる職業の中にあっても

責任の重い仕事と云えよう。

 

 

世の中には、

無くても良い仕事はたくさん存在する。

しかし、

これらは日本の社会課題を

助ける仕事ばかりだ。

 

 

今の日本人のトレンドは、

責任の重い仕事を敬遠しがちだ。

医者や看護師など高度医療従事者は、

未曾有の人手不足を背景に

相応の対偶の中、

好きな職場と待遇を選ぶ立ち位置にある。

はたまた、その他の職業でも公務員ならば、

相応の待遇の中で、

安心、安全、安定の上に仕事に就いている。

 

 

では民間企業従事者はどうかというと、

話は真逆となる。

待遇はそれぞれだが、

ひところ、教育や介護領域事業などは、

働きたくない職業ワースト3

の中に選ばれたほどだ

 

 

なぜなのか?

責任が重い仕事だと云うことが主原因らしい。

責任が重い割りに大変で割りの悪い仕事?

と心なきものたちにより、

魅力なき職業と流布されている。

 

 

私個人としては、

経営者として、

責任の重い事業を展開し

天職としているので、

寧ろ誇りにさえ思っている。

 

 

でもどうしても納得できないのは、

未来を担う教育の仕事や

お年寄りや障がいをお持ちの方を

助ける崇高な職業を

大変な仕事だねぇ~

よくやるよね~

儲からないでしょ~

と、

敬遠したり、

揶揄したりするのか?

自分達には、到底真似のできない

崇高な仕事に従事する人々を、

なぜ?揶揄するのか?

昔から納得できない。

寧ろ逆じゃないか

尊敬せいとは云わないが、

せめて労ってやれよ

タワケ

と、

いつも心の中で叫んでいるよ

 

 

金儲けや楽することしか興味のない、

こころ貧しき利己主義人間には負けないぞ

弱きを助け、未来を育むぞ

日本人よ目を覚ませ

 

 

以上

「一期一会」佐藤剛司

 

 

 

STARGATES公式サイト

http://stargates.jp/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。