一 適用範囲

マナビバ起業スクールの教材を購入し、または講座を受講される場合、申し込み等については本申込規約により取扱います。内容をよくお読みになり、ご理解頂いた上でお申し込みくださいますよう、よろしくお願い致します。また、本規約に定めの無いものについては、各種パンフレット、各種利用案内の定めによるものとします。

二 通学スクールについて

「通学スクール」とは、実際に校舎に通って講座を受講する形態をいいます。
1. 通学スクールは、それぞれの講座日程表に従った役務提供となります。講座日程表をご覧ください。
2. やむを得ない事情により、講義日程・講義時間・担当講師・実施校舎・講義内容・使用教材・受講形態等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

三 解約・返金について

マナビバ起業スクールの講座をお申し込み後の解約等による返金については以下の基準に従います。なお、解約・返金等につきましては、申込者ご本人もしくはその代理人、または申込者ご本人のご家族の方が、必ず受講校舎にお申し出ください。
1. 以下の場合は解約・返金請求ができます。
(1)講座開講日前日までに解約を申請した場合
お申し込みいただいた講座(コース、セット)の該当クラス開講日前日までであれば、理由の如何を問わず、解約による返金請求が可能です。
(2)講座開講日以後に解約を申請した場合
以下の〔1〕または〔2〕の要件に該当する場合は、解約による返金請求ができます。
〔1〕受講申込者本人の死亡または、受講申込者本人の重大な疾病による受講不能の場合
(医師の診断書、またはそれに準ずる資料が必要です)
〔2〕上記〔1〕に準ずる正当な理由があるとマナビバ起業スクールが判断した場合
但し社会通念上、個人的な事情と考えられる事由(経済事情の悪化、受講の時間がない、学習意欲の喪失など)による場合は、返金できませんのでご注意ください。詳細については事務局にご相談ください。
2. 解約等の場合の返金の基準について
(1)入学料は返金できません。
(2)返金の際には、お支払いいただいた申込講座受講料のうち未受講部分にあたる講座受講料の20%(但し上限5万円)の解約手数料をお支払いいただきます。
(3)通学スクールの方から解約のお申し出があった場合、その時点ですでに実施済みの講義に該当する受講料は返金できません。この場合の返金額は、お支払いいただいた科目の受講料をその科目の講義回数で割った1回あたりの講義単価を基に算出いたします。
(4)講座お申し込みの際に、申込特典として物品や教材、現金、割引券等を受領されている場合はこれらの特典をマナビバ起業スクールにご返却いただきます。特典についてすでに開封、使用(講座であれば受講)されている場合は使用相当分をお支払いいただきます。
3. 教材等の返送について
上記規約に基づき解約された場合、お手元にある受領済みの解約部分に相当する教材等は、解約後すみやかにマナビバ起業スクール宛にご持参、またはご返送ください。なお、返送にともなう送料はお申込者でご負担ください。

四 講座の変更について

各種講座の変更については、原則としてお申し込みされている講座と同一の講座が対象となります。また、講座によっては変更ができない場合もありますのでご注意ください。詳細は各校事務局へご確認ください。変更が認められた場合で下記の2~4にあてはまる場合には所定の手数料をお支払いいただきます。手数料金額は申込講座のうち変更を希望する未受講部分にあたる講座受講料の10%(但し上限3万円)とします。
1. <クラス替え> 同一講座の通学時間、通学曜日を変更する場合
やむを得ない事情がある場合は、一定の手続きを経て認めることがあります。
(但し、ご本人が講座を受講されている校舎でのみ可能です。)
2. <期変更> 受講講座の期を変更する場合
やむを得ない事情がある場合は、未受講部分につき一定の手続きを経て認めることがあります。この時、変更先の講座受講料と、お申込時にお支払いいただいた講座受講料との間に不足金額が生じる場合には、その差額をお支払いいただきます。お申込時にお支払いいただいた受講料が変更先の講座受講料を上回る場合は、マナビバ起業スクール預かり証を発行します。現金による返金には応じられません。
3. <講座変更> 受講講座を例外として他の講座に振替える場合
やむを得ない事情がある場合は、未受講部分につき一定の手続きを経て認めることがあります。この時、変更先の講座受講料と、お申込時にお支払いいただいた講座受講料との間に不足金額が生じる場合には、その差額をお支払いいただきます。お申込時にお支払いいただいた受講料が変更先の講座受講料を上回る場合は、預かり証を発行いたします。現金による返金には応じられません。
4. <休学> 申込講座の受講の継続が困難な場合(通学スクールの場合のみ適用)
講座申込後、やむを得ない事情で現在申込講座を受講することができず、各種フォローシステムや講座の変更を利用しても受講が継続できないときは、一定の手続きを経て休学することができます。休学を認められた場合は申込講座のうち受講していない部分の受講を停止し、未受講部分にあたる講座受講料をマナビバ起業スクールでお預かりいたします。お申込者にはお預かり金額を記載した預かり証を発行いたします。この預かり証を使用して将来実施される講座を再び受講することができます(未受講部分の講座受講料は四【解約・返金について】に記載されている基準に従って計算します)。
・休学の申請は事前申請とします。講座を受講していない場合でもその時点ですでに実施済みの講義は受講されたものとみなします。
・休学の申請は各校窓口で受け付けます。入院などどうしても来校できない場合はお電話等でご相談ください。
・休学は科目単位で申請できます(科目の途中ではできません)。
・休学中は受講証をマナビバ起業スクールでお預かりいたします。
・休学中は自習室の利用などスクール生としての特典は利用できません。
・休学できる期間は最大1年間とします。
・休学期間を過ぎた場合は復学の権利を失います。
・復学をする際は所定の手数料をお支払いいただきます。
・復学の際は今後の学習計画などについてマナビバ起業スクールスタッフにご相談ください。

五 受講証の取扱い

受講や、マナビバ起業スクール優遇サービスを受ける場合は受講証の提示が必要です。
1. いずれも来校時には常に所持してください。職員が提示を求めることがあります。
2. 紛失された場合、いずれも再発行には所定の手数料が必要です。
3. 受講生登録や講座申し込みの際に記載された氏名、連絡先電話番号、メールアドレス等に変更があった場合は、すみやかにマナビバ起業スクールに対して登録事項変更手続きを行ってください。
4. 上記の3に反して生じた不利益についてマナビバ起業スクールは一切責任を負いません。
5. 受講証を譲渡・貸与することはできません。

六 受講資格について

1. マナビバ起業スクールの講座を受講する資格は、申込者ご本人にのみ帰属します。
2. 他人に受講生たる資格や講座の受講資格を譲渡・貸与することはできません。

七 講座開講後のお申込について

すでに開講している講座をお申し込みになる場合には、各校規定の欠席フォロー制度に従って終了部分の講義を受講することができます。なお、お申し込みされた時点で既に該当部分のフォロー期間が終了している場合もあります。開講日を過ぎて講座をお申し込みになる場合は未受講部分のフォロー方法について、お申込先の事務局にお問い合わせの上お申込みください。

八 禁止事項

1. 禁止事項
(1)マナビバ起業スクールの教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材)を複製することは下記の〔1〕〔2〕の場合以外できません。
  〔1〕申込者本人が学習する目的のために1部のみ複製すること
  〔2〕申込者本人が学習する目的のために音声のみを複製すること
(2)マナビバ起業スクールの教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器)または、これらを複製したものを他人に販売・贈与・交換する等、他人に譲渡する行為、および他人に貸与する行為(有償・無償を問わない)はできません。
(3)欠席フォローのため貸与を受けた教材、販売カセットテープ、復習カセットテープ、講義中に録音したカセットテープ(録音可能な電子機器を含む)、セルフダビングをしたカセットテープ等を複製したり、他人に貸与、販売、交換するなどの行為はできません。
(4)マナビバ起業スクールの教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器)または、これらを複製したものをオークションなどに出品するなどの行為はできません。
(5)その他、マナビバ起業スクールの著作権や商標権等の知的財産権を侵害するおそれのある行為はできません。
(6)講義の進行、他の受講生の学習を妨げるような行為、他のスクール生・講師・スタッフ・マナビバ起業スクールに対して危害を与えるような行為、マナビバ起業スクールもしくは第三者を誹謗中傷し名誉もしくは信用を傷つけるような行為、その他スクール生に対して迷惑をおよぼす行為はできません。
(7)パソコンやインターネットその他の手段によって利用者もしくは第三者の設備または本サービス用設備の利用または運営に支障を与える行為や、本サービスの運営を妨げるような行為、その他法令に違反し、または公序良俗に反する行為はできません。
(8)その他、セクシャル・ハラスメントについての注意事項など、皆様がマナビバ起業スクールを快適にご利用いただくために禁止している事項があります。これらについても遵守をお願いいたします。
2. 禁止事項等に違反した場合
(1)上記 八 1 に記載されている禁止事項やその他の特約事項に違反する行為をした場合には、退学処分となる場合があります。退学処分の場合、講座受講証を直ちに返還していただきスクール生としての資格は失います。また今後のマナビバ起業スクール講義を一切受講できなくなります。
(2)その他、禁止事項にあたる行為が法令に違反している場合は、民事上の損害賠償や刑事上の法的手段をとらせていただく場合があります。

九 マナビバ起業スクール教材の著作権や商標権等の知的財産権

マナビバ起業スクール教材の著作権や商標権等の知的財産権はマナビバ起業スクールに帰属します。
マナビバ起業スクールの著作権や商標権等の知的財産権を侵害した場合は、民事上または刑事上の措置をとる場合もあります。

十 個人情報の取扱い

<個人情報プライバシーポリシー>
マナビバ起業スクールは、お客様からご提供いただいた「個人情報」を、以下にあげるような指針に基づき、法令の範囲内でお客様のご要望に沿った取扱いを実施することで、皆様との一層の信頼関係の構築に努めていきたいと考えております。
1. 個人情報は、弊社が厳重に管理・保管いたします。
2. 個人情報の取扱いを、弊社と機密保持契約を締結した企業に委託する場合があります。この場合、個人情報を適正に管理できる企業を選定し、かつ、適正な管理を実施させるよう努力いたします。
3. 個人情報は、法令等による場合を除いて、ご本人の同意なしに第三者に開示することはありません。
4. 個人情報は以下の目的でのみ使用いたします。
 〔1〕講座等申込内容の確認、受講証の発行
 〔2〕講座申込者ご本人からのご質問に対する対応
 〔3〕講座申込者、受講者への教材の発送、添削・採点済答案等の返却、統計資料の返却
 〔4〕講座に関するご案内、お問い合わせ
 〔5〕講座説明会、オープンスクール、各種イベント、関連事業等などのご案内、お問い合わせ
 〔6〕各種資格試験等の受験、進路選定などに役立つ情報の提供
 〔7〕個人を特定できない方法、形式による統計資料の作成
 〔8〕各種資格試験等に関するアンケートの依頼
5. 弊社が保有する個人情報の変更・修正をご希望される場合はご連絡ください。状況をお伺いし、必要な手続きに入らせていただきます。また、弊社からの郵便やE-mailなどによるご案内をご希望されない場合はご連絡ください。ご本人さま等の確認をさせていただいた上で、取扱いを中止させていただきます。
※弊社のプライバシーポリシーについての詳細、利用目的の変更・追加その他の最新情報はマナビバ起業スクール(http://mana-viva.com/)でご覧頂くことができます。併せてご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

十一 不可抗力

地震、火災、その他のやむを得ない事情による講義の中止、発送の遅延等につきましては、マナビバ起業スクールは責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。

十二 申込規約の変更について

マナビバ起業スクールは、当規約を予告なく変更することがあります。変更した場合にはE-mail の送信またはホームページ上での告知により利用者に通知いたします。

十三 準拠法および管轄

この規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。
また、利用者とマナビバ起業スクールとの間における一切の訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

十四 施行日

当規約は、2007年10月1日をもって、発効します。